とある日本語教師の海外遍歴記

2年ごとくらいにいろんな国で働く生活を志す人の旅行記

旅行

冬のサンクトペテルブルク旅行記2018④~エルミタージュと救世主教会編~

2018年1月4日(木)、この日はサンクトペテルブルクの最終日。朝からエルミタージュ美術館へ。この日までエルミタージュをとっておいたのは、木曜日が入場無料だから。年始の連休中だし人が多いだろうということで、夜明け前から現地へ向かった。 …というとも…

冬のサンクトペテルブルク旅行記2018③~エカテリーナ宮殿編~

2018年1月3日、この日は前日に出会ったばかりの親切なロシア人(わたしから見れば友達の友達の友達)に車を出してもらい、ツァールスコエ・セローへ行く。 ツァールスコエ・セロー、またの名をプーシキン。エカテリーナ宮殿といえばここ。呼び名がいろいろあ…

冬のサンクトペテルブルク旅行記2018②~聖イサーク聖堂とたい焼き編~

2018年1月2日、サンクトペテルブルク滞在3日目にして、初のまともな観光。朝から、聖イサーク聖堂へ行った。 ネット情報で10時開門となっていたのでそれくらいに行ったら、短い列ができていた。しかし、チケットは10時から買えたのだけど、入場は10時半から…

冬のサンクトペテルブルク旅行記2018①~大晦日と元旦編~

2018年は、ロシアの文化と芸術の都、サンクトペテルブルクで迎えた。2017年9月半ばにロシアに来て、3か月半ほど。10月にモスクワへ出張したけども、ほとんど観光はできなかったので、今回が初めてのロシア国内旅行となる。 勤務先大学の年末の予定がさっぱ…

ラオス旅行記2016⑤~ルアンパバーンの托鉢と橋〜

1月31日、ラオス最終日。この日は朝から托鉢(寄進)を見学に行く。 朝は霧が濃い。本来托鉢は5時~5時半くらいに行われるものだそうだけども、観光地ルアンパバーンは日の出の時間に始まる。この時は、写真のデータを見ると、どうやら7時くらいに着いた…

ラオス旅行記2016④~ルアンパバーンの夕日と夜~

1月30日、ルアンパバーン2日目の続き。 メコン川クルーズを終えたのが14時頃。船で一緒だったフランス人イケメンとメコン川沿いのテラスでお茶するという楽しいことをした。英語勉強してよかった。 しかし、わたしは見たいところがあった一方、彼はすでに数…

ラオス旅行記2016③~メコン川と洞窟編~

2016年1月29日、ビエンチャンからラオス国営航空でルアンパバーンへ移動。機内でもらえるフルーツスナックがおいしい(その後おみやげに大量購入した)。 ルアンパバーンについたときにはちょうど夕暮れとき、宿についたら夜だった。ここでの宿はこちら。 ww…

ラオス旅行記2016②~ビエンチャン名所編~

ラオスに到着した翌日、この日はビエンチャンを1日回る。夕方にはルアンパバーン行きの飛行機に乗らねばならないので、なかなかサクッと回らねばならない。 というわけで、日の出から始めた。川沿いを歩いてみる。川岸に降りられなかったので、そんなに感動…

ラオス旅行記2016①~ビエンチャン夜市編~

2016年1月28日~31日でラオスを旅行した。はじめての海外一人旅。ここで味を占めて以降、海外一人旅にはまることになる。要するに、いい旅だったということ。 名古屋からビエンチャンの直行便はないので、ベトナム航空でハノイまで、ラオス国営空港に乗り換…

ミャンマー旅行記2017⑤~おまけ:最高にかわいい子どもたち~

2017年1月ミャンマー旅行で知ったひとつの事実。 ミャンマーの子どもたち、めっちゃかわいい。 子どもは概してかわいい、とか、都会の子どもより素直で素朴でかわいい、とかそういうことではない。 顔が、かわいい。 その事実に賛同いただくべく、写真を載せ…

ミャンマー旅行記2017④~市場と民家と占い編~

1月16日、ミャンマー最終日の予定は「占い」。なんと突然女子っぽい!!はい、占い好きなんです。スピリチュアル、というか、人知を超えるものは存在するし、科学が追いついていない知識もあると真面目に思っている。 まずは飛行機でヤンゴンに戻る。この日…

ミャンマー旅行記2017③~バガンの朝日から夜景まで~

2017年1月15日、バガン2日目。この日は、なんとしても有名なこの地の日の出を見たかった。 とはいえ、移動手段を確保しているわけではない。通りで客待ちのタクシーか馬車を捕まえられるのでないか、と期待して外へ出る。 ちょっと歩いていると、さすがつい…

ミャンマー旅行記2017②~バガンの川と夕日~

2017年1月14日、ミャンマー2日目。バガンへ。 バガンは、ほんとうにいいところだった。わたしにとって旅の「いい」の尺度は、ここでの常識ってこうなのね、という発見があるほどいい、というもの。これまで日本で培ってきた蓋然性ありとする予測が覆されるほ…

ミャンマー旅行記2017①~ヤンゴン市街編~

2017年1月、ミャンマーを旅行した。前年のラオス一人旅で味を占め、今回も一人旅である。 海外旅行が好きなのは、いつもわたしを悩みの迷宮へと陥れる「暗黙の了解」というやつがないからだ。わたしのOL経験は、その暗黙を了解することに6年半苦心し続け…

ノヴォシビルスク旅行記2018~3月のシベリア~

2018年3月16~17日、「シベリアの首都」とも呼ばれるノヴォシビルスクを訪問しました。 3月とはいえ、ここはシベリア。-10度くらいと聞いていたので、びくびくしながら行ったのだけれど、 見てください、この美しい天気!雪はまだまだ積もっているし気温は…

ウクライナ旅行記2018⑥~洞窟大修道院と地下墓地編~

6月24日(日)、キエフでの最終日。この日は市内の名所で行きそびれている「キエフ・ペチェールシク大修道院」(=キエフ洞窟大修道院)へ行きます。 独立広場から、せっかくだから歩いていくことに。 しかし道中の地下道がいきなり暗い。 浮かび上がるパンダ…

ウクライナ旅行記2018⑤~チェルノブイリ見学・後編~

前回の続き。 チェルノブイリ見学ツアー、プリピャチ市を見学したら、いよいよ事故の起きたチェルノブイリ原発4号機を見に行きます。とはいえ近づける限度はあるし、写真撮影はこのモニュメントの位置から、と決められています。 奥のかまぼこ型に4号機が…

ウクライナ旅行記2018④~チェルノブイリ見学・前編~

6月23日(土)、この日は、この旅を決めた理由である「チェルノブイリ原発見学ツアー」です。書いてたら長くなったので前後編にします。 まず少しツアーについて。 2018年現在、観光客の立入はツアーでのみ許可されています。いろいろなツアー会社があるし、日…

ウクライナ旅行記2018③~チェルノブイリ博物館編~

6月22日の後半。キエフ市内の主要な見どころを回った16時くらい、ウクライナ国立チェルノブイリ博物館へきました。翌23日はチェルノブイリ見学ツアーに参加するので、その予習として。 ここは、その名のとおり、チェルノブイリ原発事故の記録を残すための博…

ウクライナ旅行記2018②~キエフ名所編~

6月22日(金)、実質3日間のウクライナ旅行開始。この日はキエフ市内を回ります。 朝。9時。宿の目の前の「独立広場」へ出る。まさにキエフの中心、観光の中心。宿の立地は最高です。それにしても、とても天気が良くて、気持ちの良い朝! サンドイッチを買って…

ウクライナ旅行記2018①~キエフ準備編~

2018年6月21日(木)~25日(月)のウクライナ旅行記です。チェルノブイリ見学にも行って印象深い旅だったので、記録。実質3日の旅行のわりに長くなりそうなので、とりあえず 空港について アパルトメント(民泊)について 言葉について あたりを書きます。一人…

冬のモスクワ旅行記2019⑪~メトロ一周の旅~

2019年1月9日(水)、11日間のモスクワ旅行も終わります。 ゆっくり起きて、荷造りして、チェックアウトして、リャザンで会ったロシア人がモスクワにいるというので駅で一緒にご飯を食べて、キャリーケース引いて本屋(ドム・クニーギ)まで行き、ロシア語の問…

冬のモスクワ旅行記2019⑩~黄金の環セルギエフ・ポサード編~

この旅も残すところあと2日。1月8日(火)は、モスクワから一番近い「黄金の環」セルギエフ・ポサードへ向かいます。本日のテーマはこちら: ツンデレ車掌 鐘の音歌う音 モスクワのカプセルホテル この日の朝は、リャザンの友人宅で向かいました。モスクワへ戻…

冬のモスクワ旅行記2019⑨~リャザン編~

1月7日(月)、この日はロシアのクリスマス。 氷水で沐浴!? エセーニン 人とのつながりということ キリスト教だけど、カトリックでもプロテスタントでもなく正教(ギリシャ正教とかロシア正教とか)って、あまり聞いたことがないかも。 でも、それです。ロシ…

冬のモスクワ旅行記2019⑧~黄金の環スーズダリ編~

1月6日、この日は一人行動です。黄金の環一番人気を誇るというスーズダリへ。本日の目次: スーズダリへバスで2時間…?? 真のロシア酒はウォッカじゃない? 完璧なブルーアワー 前日、友人を見送ってモスクワに泊まっていた私は、実はスーズダリへ行くもの…

冬のモスクワ旅行記2019⑦〜黄金の環ウラジーミル編〜

2019年1月5日(土)、この日はニジニー・ノヴゴロドを発って、電車でウラジーミルへ向かいます。今回の内容は ロシアで駆け込み乗車 手あたり次第、教会の屋根を目指して 全て白い! の三本です。 「黄金の環」と呼ばれる、古いロシアの街並みを残す都市群のひ…

冬のモスクワ旅行記2019⑥~ニジニ・ノヴゴロド編~

モスクワから寝台列車で6時間半、(急行列車に乗れば4時間くらいだけど、寝たかったので、あえて0時発-翌朝6時半着を選択) 着きました、ロシア第4の都市、ニジニ・ノヴゴロド!テーマは ニジニ・ノヴゴロドのクレムリン 母なるヴォルガ川を渡る 生ガキ…

冬のモスクワ旅行記2019⑤~元遊園地は廃墟となっているか~

モスクワ滞在最終日の1月3日(木)、この日は、一際のんびり起きたあと郊外のおみやげ市場へ。 地下鉄がない! 廃遊園地のマトリョーシカ はじめての寝台列車 の三本でお送りします。 目当ては、モスクワ中心地から少し離れたところの、「閉園した遊園地を利用…

冬のモスクワ旅行記2019④~お正月の美術館~

2019年1月2日(水)、この日のミッションは、トレチャコフ美術館へ行くこと。 美術館、列の並び間違いにご注意 おしゃれはがまん、は死活問題(スタイル<<<防寒) プーシキンカフェ(味と食べやすさ<<<かわいさ) この日も順調に寝坊し、昼近くなって最…

冬のモスクワ旅行記2019③~元旦のクレムリン~

2019年1月1日(火)モスクワ。 元旦。美術館は閉まってるし、レストランも休みが多いけど、クレムリンは開くのです。 というわけで、プーチン大統領の御膝元へ詣でます。さながら初詣で。今回の内容三本はこちらです。 元旦の初クレムリン詣で 武器庫の武器じ…